地震・台風(豪雨)の影響で、配送遅延の可能性があります。詳細は こちら

SHOE CARE

正しい履き方

正しい履き方をすることで、より快適に歩くことが出来るだけでなく、型崩れを防ぎ、長持ちをさせることができます。

  • ポイント1
    靴の紐をしっかりゆるめてから足を入れ、靴のかかとを地面につけた状態でつま先を上げ、
    足の重みでかかとが靴にぴったりと付くようにします。

  • ポイント2
    足首の力を抜いて、自然な状態で靴紐を締め、しっかりと結びます。
    この状態でかかとが抜けず、つま先に1センチほど余裕があるサイズの靴をお選びください。

  • ポイント3
    靴下の厚みや足のむくみ具合に合わせて、こまめに靴紐を結び直していただくと、より快適な歩行が得られます。

  • ポイント4
    靴の着脱のたびに靴紐をゆるめてください。
    靴紐を結んだまま脱ぎ履きしたり、かかとを踏んで履かれますと、靴ずれなど足のトラブルの元となったり、靴が傷む原因となります。

お手入れ方法

クリームなどのシューケア用品をご使用になる前に靴を休ませて乾かし、ブラシなどで縫い目や継ぎ目など細かい部分まで全体的に汚れを落とします。
その後、以下の説明を参考にして、それぞれの素材に適したシューケア用品でお手入れを行ってください。

※シューケア用品は、それぞれの取扱説明書をよく読み、使用法にしたがってご使用ください。
※靴のお手入れは1週間に一度くらいが目安です。また1日履かれた靴は2~3日休めることをお勧めします。

スムース革(表革)の場合

ホコリを落とした後、靴クリームを薄くまんべんなく塗りこみ、ブラシや布で磨きます。
その後、防水スプレーをかけて仕上げます。

起毛革の場合

ホコリを落とした後、皮革用の消しゴムを使って部分汚れを落とします。
その後、防水スプレーをかけて仕上げます。

合成皮革・エナメル革の場合

ホコリを落とした後、柔らかい布で乾拭きします。
防水スプレーは表面が変質する恐れがありますので、使用しないでください。

合成繊維の場合

靴をおろす前に、防水スプレーをお使いになることをお勧めします。
お手入れは、ブラシでホコリを落とした後、防水スプレーをかけて仕上げます。


色落ちについて

ルコラインの靴は、素材の風合いを生かした革素材を使用しているため、雨や汗による色落ちは避けられません。
履き始めは色の濃い靴下をお履きください。

ポリウレタンソールについて

ルコラインにはポリウレタンソールを使用している靴がございます。
ポリウレタンは耐磨耗性、クッション性に優れ、軽量で滑りにくいなどの利点がありますが、
使用頻度に関わらず、空気中の水分と反応して経時変化を起こして、亀裂や剥離といった破損を起こす場合があります。

※長期間の保管は避け、なるべくお履きになることをお勧めします。
※汚れを落とし、湿気の少ない、風通しのよい場所に保管してください。
※輸入品という特性上、部品の交換修理ができませんことを、あらかじめご了承ください。
PAGE TOP